シルバー925

『使用素材【Silver925(シルバー925)】とは』

 Silver925は別名スターリングシルバーと呼ばれ、シルバー(銀)の含有率92.5%以上、 割り金7.5%未満の割合で鋳造された銀合金のことです。

 スターリングシルバーはそのシルバー含有率に因んで"シルバー925"や"925スターリング"等と呼ばれており、刻印で"SV925"、"925"、"STERLING"、"SILVER925"等と刻まれます。

 銀合金に対して純度99.99%のシルバーは"純銀"や"サラ"と呼ばれていますが、純銀は大変柔らかく加工や形状維持が難しいため、銀合金は強度を上げて加工しやすくする目的で鋳造されています。

 因みに割り金(割金)とは強度や耐久性を高める目的で合金に使われる金属のことで、スターリングシルバーにおいては銅を主とする割り金が7.5%未満の割合で用いられています。この割り金の銅によりスターリングシルバーには純銀とはことなる、落ち着きのある特有の光沢感や色合いがみられます。

 シルバーには空気中の硫化ガス(硫黄ガス)と化学反応を起こし硫化銀の皮膜を作る性質があり、この硫化銀の皮膜が厚くなるにつれて黄色~茶褐色~黒への変色がみられます。

 シルバー特有の硫化による変色は、純銀にも銀合金にもみられますが、スターリングシルバーは純銀や他の銀合金と比べても硫化しにくいことから、アクセサリーなどの宝飾品・装身具に大変人気の高い素材です。

 尚、シルバーは硫化により真っ黒に変色してしまったとしても、通常は内部まで硫化反応は起こりませんので、100年以上前に作られた製品であっても、シルバー専用のクリーナー等でメンテナンスを行うことで、当時の輝きに取り戻すことができます。

 メンテナンスにより永くご愛用いただける点もシルバーが高い人気を誇る所以といえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ